東海ホーム

みんなの笑顔が見たいからを念頭に家づくりをお客様と一緒に考えていきます

お客様の希望と理想、そこに私たちの思いを重ね合わせ、最適な住まいとは何かを考え、人と人との繋がりを大切にし、お客様の思い出がいっぱい詰まった家づくりのお手伝いをしていきます。”みんなの笑顔が見たいから”を念頭に家づくりを進めます。

建築会社名 東海ホーム 株式会社
建築会社区分 工務店
工法 木造軸組
坪単価 60.0万円~

坪単価備考

※延床面積/35坪(総2階建て)、本体工事のみ

タイトル
01

重厚感のある黒色の外壁に
深い軒が印象的な佇まい

04

南面の大開口の窓から
陽が差し込む

03

キッチンからリビング・ダイニングを眺める

06

日本の文化を楽しむ和室。
神棚も配した

02

開放感を持たせたリビング・ダイニング

05

小上がりの和室が空間にリズムをつける

07

キッチン裏のパントリー。
奥側はパソコンを置いて作業スペースとしても使える

09

2Fホールの洗面スペース。
朝の忙しい時間帯もスムーズ

08

洗面スペースに配した造作棚が
家事を楽にする工夫の一つ

住まいづくりについてお聞きしました

住まいづくりのきっかけは何でしたか?

 

もともと戸建てのマイホームに住んでいましたが、令和元年東日本台風の被害で家が浸水してしまいました。リフォームも検討しましたが、今後またいつ自然災害が発生するかわかりません。それならと、新天地にて再出発することに決めました。

 

 

 

東海ホームさんを選んだ理由を教えてください。

 

はじめてのマイホームを建てた15年前、知人が働いていた東海ホームさんに建築をお願いしました。当時、住宅に対する知識はゼロに近く右も左も分からない状態の私たちに、暮らしやすさを踏まえた提案をしていただいたことにとても感謝しておりました。
その後、台風の被害を受け、浸水した我が家の前で途方に暮れながらも、東海ホームさんに連絡し相談したことを鮮明に記憶しています。

 

 

 

新天地での住まいづくりは、何から始めましたか?

 

まずは土地探しです。今回の災害を教訓に、ハザードマップを参考にしながら、なるべく高台をと考えていました。また、長女の小学校入学と重なるため、避難場所周辺の学区に絞って探しました。インターネットで条件に合うこの土地を見つけ、すぐさま下見に行きました。住宅街ではあるものの、目の前は豊かな自然が広がっていて、子どもたちも外でのびのび遊べる環境だと思い、即購入することに決めました。

 

 

 

住まいづくりはいかがでしたか?

 

せっかく新しい家を建てるのだから、前回の家で暮らしやすかった所は活かしたまま、少し不便に感じていたところを解消した住まいになるよう、気持ちを新たに始めました。
例えば、全室南向きの配置、2階の間取りは前回と同じです。ベランダはあまり使わなかったこともあり、今回は取り入れませんでした。リビング・ダイニングは広々とした開放感を重視。そして、アウトドアリビングを新たに設けました。

 

 

 

こだわった点を教えてください。

 

前回は、住宅にあまり興味がなかったということもあり、担当者さんのおすすめの設備や素材をそのまま採用していました。2回目ともなると、自分たちのライフスタイルや設備の勝手がわかっていましたから、設備会社のショールームや見学会に積極的に参加して、自分たちにあったものを探していきました。なかでも、以前とは違うメーカーのキッチンシステムがとても気に入ったので、すべての設備をそのメーカーに変更しました。

また、見学会で見た小上がりの和室の部屋が素敵で、自分たちも取り入れたいと思い間取りに追加しました。
自分たちが本当に必要なものをよく理解したうえで、マイホームに活かせたことがよかったと思います。

 

 

 

H様邸を施工した東海ホームより一言

 

2度目のマイホームも弊社を選んでいただきありがとうございました。
H様は、2回目ということもあり、ある程度マイホームのイメージができていらっしゃいましたので、今回はより暮らしやすくなるようなご提案をさせていただきました。
これからの時代を見据え、屋根は遮熱工法を採用しました。アルミの特殊シートで熱を遮断するので、屋根や壁に熱を溜め込みません。そのため、夏は一日中涼しく適温で過ごすことができ、冬は魔法瓶のような状態をつくり出すので一層室内を温かく保ちます。
さらに、台風に被災された経験から、すべての窓に防犯ガラスを採用するなど、安心・安全で快適に過ごせる住まいとなりました。

「家は永く住まうところなので、将来を見据えたマイホームにしたい」という思いが詰まったH様邸。これからも末永くご家族の幸せに寄り添ってゆく住まいのお手伝いができて、私たちも嬉しいです。

 

 

 

H様邸の魅力あふれる住まいの詳細は、

「ふくしまの住まいづくりvol.17 2021-2022冬春号」に掲載しております。